訪問診療について

誤嚥性(ごえんせい)肺炎
を知っていますか?

普段からわたしたちが口にする食べ物や飲み物は、食道を通って胃に運ばれていきます。そうしてわたしたちは栄養を摂取しているわけですが、
ときどき、口にした食べ物などがそのまま気管や肺に入ってしまうことがあります。
これを「誤嚥(ごえん)」といいます。

この誤嚥によって、お口の中にある細菌が食べ物や唾液などと一緒に気管や肺へと入り、炎症を起こすことを「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」といいます。

特に高齢者や寝たきりの方は、お口の中の清潔が保てないことから細菌が増殖しており、誤嚥性肺炎を起こしやすくなっています。くわえて、食べ物や飲み物を正しく飲み込む機能が低下しているので、誤嚥を引き起こしやすいのです。

上記のような症状はありませんか?

もしおもいあたる症状があれば、それは嚥下(えんげ)機能が低下している証拠。誤嚥性肺炎を発症するおそれがあります。

オーラルマネジメントに
もとづいた訪問治療内容

Scroll to Top